脂肪吸引後は特別なケアは必要?

身体の組織に対して変化を与える脂肪吸引は回復まで時間がかかることがあります。そのため、やらないといけない事ややってはいけない事について知っておくことが大切です。 まず、吸引をした部位には腫れやむくみ、内出血などの症状が出てきます。そこで、このような症状をなるべく早く回復させるために、サポーターやガードルなどの圧迫装具を着用して、むくみや腫れがひくまで圧迫をしましょう。 次にカニューレの挿入をするために切開をしたところは縫い合わせをしているので抜糸をします。溶ける糸を使っているケースでは抜糸の必要はありません。 また、脂肪吸引後は皮下が固くなります。これは脂肪が吸引によってなくなったことに脂肪細胞が慣れていない事が原因で起こります。このような状態をそのままにしておくと、表面に凹凸ができてしまうため、腫れがひいたらマッサージをしましょう。 この他、脂肪を吸引した場所は色素沈着になりやすいので、UVケアをして紫外線対策をしましょう。茶色い色素が目立つようならば、美白剤を使うのもよいです。また、強い力でかいたりして刺激を与えるのはやめましょう。もしケアで分からないことや不安があれば、ドクターに相談するのがおすすめです。

おすすめサイト